結局は、その”人”が信用できるかどうかです
企業再生コンサルタントが書いた記事を読みました。企業再生(借金の減らし方)にはさまざまな有効な手段があるにもかかわらず、藁(わら)をもつかむ思いで頼んだ弁護士が、「勉強不足で有効な方法を知らない」、「面倒くさいので、すぐ自己破産させようとする」といったことがあるそうです。立派な弁護士の先生もたくさん居られるでしょうが、「弁護士」というだけで信用するのは危険です。もちろん行政書士もそうです。結局は、その”人”が信用できるかどうかですね。
ここで、”まるかつ流 人物判断術”のさわりを。
…彰兇和臉據B莪谿象で絞り込む。(複数の候補を見つけましょう)
△韻譴匹癲第一印象だけで決して決めない。
「人当たりがよく親切だけど、しばらくつきあってみると、どうも頼りない」人も、「見た目はとっつきにくいし、ぶっきらぼうだけど、仕事を頼むと、とても便りになる」人も、いますよ。
2003年03月07日 22時58分06秒
私のトップページへ
inserted by FC2 system