詐欺事件に巻き込まれました(証拠保全)
詐欺事件に限らず、どんな事にでも証拠保全は大切です。「証拠保全」なんて大そうな事言ってるけれど、要は、領収書やメモ書き、覚書の類をちゃんと保管してるか、ていう事なんです。もし、裁判などの争い事になったとき、白黒つけるのは、神ならぬ人間(裁判官)です。その時、領収書1枚、覚書1枚残っていれば、何にも無いよりも信憑性はぐっと高まります。たとえば、脅迫されたとして、脅迫文や脅迫電話の録音が有るのと無いのとでは全然違うでしょ?「人間は間違えるもの」と思って、普段から備えておけば、争い事に巻き込まれても対処できますよ。
それと、もう一つ。くどいですが、自分ひとりで解決しようとせず、公的な機関など、心強い味方を作ってください。
2003年03月04日 23時59分59秒
私のトップページへ
inserted by FC2 system